2018年7月6日金曜日

梅雨前線は紙一重

全国各地で梅雨前線の大雨による影響により、河川の氾濫や土砂災害が起こっています。

小浜市は、何とか近隣の各県に比べ、それほど影響を受けていませんが、5日~6日かけて24時間の雨量は170ミリに達しました。

福井県河川砂防総合情報のサイトで、小浜市遠敷や口田縄、おおい町名田庄挙野の雨量がわかりますが、我が中名田地区自主防災会で今年度、雨量計を作製し、初めて設置しました。同じように170ミリぐらい。データーで見るより臨場感がかなりあります。



6日は、夜に消防団が警戒に回ってくれました。巡回してくれると安心感があります。
7日~8日も雨が降るので、警戒が必要ですが、中名田地区自主防災会は、この間初動対策を話あっているので大丈夫かと・・・。

投稿者:田村の子


2018年7月5日木曜日

休耕地の保全

中名田地区で休耕地の保全が進んできています。

耕作者や地権者だけでなく、田んぼを持ってない人でも草刈りに積極的に参加し、地域全体で休耕地を保全していこうという取り組みです。





草刈りだけでなく、中名田地区は、社団法人を立ち上げ、農地を有効的に活用しようという取り組みが始まりました。

休耕地については、人口減少の次に中名田の課題です。

投稿者:田村の子